禁煙 方法

禁煙 方法


色んな職種に携わり、人との関わりの中で禁煙をする意識するようになりました。
さかのぼること約10年ぐらい前の話になりますけど、脳裡に印象的に残っていることがあります。
その時は禁煙グッズとかには頼らずに自力で何度か我慢と戦いの日々が続きました。
幾度と挑戦して、挫折の繰り返しが続きました。そうして時が過ぎてあるとき身体に異変が起きてしまいました。
嘔吐が出て、明らかに自分の体が教えてくれました。
それから、今まで、タバコを吸ってた時間やお金が大きく他の時間に充てる事が出来ました。

そうしたことから今までと見えるものも変わってきて、タバコ代も食事の一品が増えるという嬉しい誤算が生まれました。
これも自分だけの努力だけではないのだと今は実感しています。
そのときは訳も分からずに目の前の仕事や生活に追われていたので考える余地などいま一つもありませんでした。
振り替える事は嫌いですが、過去のあったことを思いだし、前進する力は己を強くなるのだと今、実感しております。

いまの時代は電子タバコという煙の出ないグッズなどもでており、周りのひとに迷惑を一切掛けないものまで出てきています。
聞いたは話だと、シールとかも出てますし、二の腕の貼るタイプもあります。
その中でも性別問わず電子タバコが圧倒的に効果がありました。やはり、一気にシャットアウトするのではなくて、徐々に身体をならしてゆくのが一番いいのかなと思います。
言い訳がましいかもしれませんが、個人差があるのではっきりとしたことは言えませんが、自分の見解だとある程度は試すことは必要なのかなと思いました。

その中で自分の身体に合うものはきっとあるので、身体とよく話し合ってから取り組むことが大事だと思います。
その中でも群を抜いて電子タバコの発明は凄いと思います。

身体にも優しいですし、ニコチンなどもないですし、長いスパンで考えると、良いお付き合いができると思いました。
また、電子タバコは経済的でエコロジーの面も備わってるので何かとメリットな部分はあるのかなと思います。
他もグッツに関してはそんなに評価が得られなかったので、一番人気の電子タバコが効果があり他も方にもおススメしやすいと実感しています。
最終的にタバコから断ち切ることができることを信じて継続することで、自分にも力になりますし、少なからず周りにも影響がありますから、この文章を目を通した人は、少なからずいい方向を向いたらいいでしょう。


電子タバコ おすすめ